アンテナ工事です。



(四)、デザインアンテナのカラーは四種類

アンテナカラー
デザインアンテナ(地デジ)の本体色は「オフホワイト」「ライトブラウン」「ブラックブラウン」「ブラック」の四種類です。

(三)、アンテナ工事施工例です。

最近のアンテナ工事は壁に取り付けるデザインアンテナが殆どになりました。
デザインとBS デザインとBS デザインとBS
デザインアンテナ(地デジ)とBSアンテナです。 デザインアンテナ(地デジ)とBSアンテナです。 デザインアンテナ(地デジ)とBSアンテナです。

(二)、アンテナカラーの色々です。

ブラック ライトブラウン オフホワイト
屋根材の色が黒なのでアンテナもそれに合わせてブラックを採用しました。 壁の色がベージュ色ですのでアンテナもそれに近い色のライトブラウンにしました。 これからホワイトのアンテナを取り付け作業の途中です。

フックで固定 BSアンテナ 完成
フックでワイヤーを固定します。 BS・110°CSアンテナです。 地デジとBSアンテナの取り付け後です。

危険な場所 危険な場所2 ブースター
このような高い危険な建物での工事です。 何とか危険と隣り合わせで作業完了です。 増幅器(ブースター)で電波を増幅します。

映像をチェック 分派器
実際の映るかどうか映像のチェックが簡単にできます。    地デジとBS110°CSの電波を分けることができます。

完成 かんせい2
地デジアンテナの施工例です。    地デジアンテナの施工例二です。

(一)、地デジアンテナとBSアンテナ工事の手順です。

梯子掛ける ブラケット コーキング
アンテナ取り付けの為梯子を掛けます。 デザインアンテナ本体のブラケット取り付けです。 ブラケットに水漏れ対策のコーキング処理です。

マスト デザインアンテナ取り付け後 コーキング
BS用のマスト取り付けです。。 デザインアンテナ本体の取り付け後です。 BSアンテナ取り付けです。

電波レベルチェッカー 画像一 画像二
電波レベルチェッカーです。 実際の画像をチェックしております。 キチンと電波を捉えて画像が確認出来ました。。

施工前 施工後
壁付けアンテナの施工前です。    デザインアンテナの施工後です。


  • 必見!!アンテナ価格を大幅改定!!!

    当社では材料費はもとより、搬入費・出張料・工事費・ブースター(増幅器)代など全て含んでおります価格設定になっております。

    一、デザインアンテナ(地デジ)+ブースター(増幅器)→で \40,000(税抜)です。
    今までの屋根馬式のアンテナは地震や風には非常に弱く倒れたり壊れてしまう事が良くありました。今はデザインアンテナ が主流になり、シンプルで風水害にも強い耐久性のあるアンテナを取り付けるのが普通になりました。
    電波状況により八木式アンテナになる場合もあります。

  • 二、デザインアンテナ(平面型)+BS・110°CSアンテナ+ブースター(増幅器)→で \62,000(税抜)です。

    アンテナのメーカー→アンテナは一流メーカーの「DX」もしくは「マスプロ」を採用しております。 安く提供している業者がありますが、質の劣る製品を取り付けますと電波障害を起こす可能性が高くなります。
    但し、三階建てや取り付けが困難な場合には割増料金が掛かる事もあります。詳しくは問い合わせください。

  • 詳しくは→こちらの問い合わせフォームでお問い合わせ下さい。

    リンクはご自由に。どこのページでも気に入って頂けたページにリンクして下さい。


    アンテナ工事のTOPに戻る


    SEISAKU KENJI NOGUCHI